青空

活きた就業規則のメリット

事業主様が創りたい職場の枠組みを設計できます。大切な従業員様にどう働いてほしいかを描くことができます。

事業経営をリスクから守ります。トラブルを未然に防ぎ、訴訟リスクを軽減させます。

助成金の申請には、就業規則に助成金に関連した事項が記載されていることが必要な場合があります。

遵守している会社は社会的信用が増し、良い人材が定着し、お客様からも信頼されやすくなります。

 

就業規則についてよくある質問

正社員5名、常用パート5名ですが就業規則が必要ですか?


常時使用する従業員が10人以上であれば必要です。また正社員とパートの労働条件が異なれば、別途パートの就業規則の作成も必要になります。




過半数代表者の意見書がもらえない場合は届出できませんか?


原則添付が必要です。しかし、もらえない理由を明記した文書を添え届け出て受理される場合があります。さかべ社会保険労務士事務所にご相談下さい。




法改正に気付かず、古い内容のままですが有効ですか?


改正された法律が適用される事項では法律が優先され、有利な条件であっても反することはできません。適正な労働環境を維持するためにも、早急に適法に変更した就業規則の届出をしてください。




セクハラについて就業規則に記述する必要はありますか?


セクハラについては予防が大切であり、会社の毅然とした姿勢を示すためにも、就業規則の規定に明記すべきです。パワハラなど他のハラスメントについても同様です。




就業規則を鍵のかかる棚に仕舞ったままですが、問題でしょうか?


就業規則は周知しなければ、有効に機能していないことになります。常時各作業場の見やすい場所に掲示する等、省令で定める方法がありますので、ご相談ください。




賃金の引き下げは就業規則の変更だけでできますか?


就業規則の一方的な不利益変更は、原則として許されません。ただし、就業規則が合理的なものである限り、同意しないことを理由にして、その適用を拒むことはできません。変更が必要な場合は、労働組合等ともしっかり話し合い、相互理解によって変更しましょう。




パートタイマーの年次有給休暇はどのように決めるのですか?


パートタイマー等の年次有給休暇は、比例付与という方法で与えることが労働基準法で定められています。週の所定労働日数および週所定労働時間等で決まります。





 

就業規則の作成・変更について、詳しくはホームページをご覧ください

受付時間 月曜日~金曜日 9:00~20:00

©2020 さかべ社会保険労務士事務所